So-net無料ブログ作成
パチプロになった経緯 ブログトップ

甘海の単発攻撃で苦戦するも運良く回収 [パチプロになった経緯]

↓最新情報、お宝情報を探すなら↓(応援お願いします!

パチンコ攻略・裏技ブログ(現在カテゴリ1位)
パチンコ人気Blogランキング
(現在カテゴリ31位)
面白くて、役に立つパチンコブログがいっぱいです

こんにちは、マリンの父です。 
娘がいつもお世話になっております。

1月14日(木)

今日も会社は休み。

先日からサイドビジネスでニュージーランドの会社とやり取りをしています。
時差は+3時間。
向こうの9時はこちらの6時。
メールでいいのに、朝一に電話がかかってきました。それも5時過ぎ。
8時始まりの会社だって!? 

そのまま仕事をすることにして、10時に一通り終わったので、地元の駅前
ホールへ出陣です。

ちっぽけなホールですが、並んで打つ人も少なくありません。
10台あるアグネスは既に満席。
私は相性のイイ甘デジ地中海へ。

1台め、25回転めに魚群で当たって幸先がイイと思ったら単発。
持ち玉で当たったのにまた単発。

ここから、軍資金の8,000円でアグネスを含む5台打って、3台で当たりを引いた
のに、何と全て単発! 
持ち玉でも6回当たりを引いて単発4回、2連が2回!

当たりは引けるのに、持ち玉が増えない...こんな日は、追加投資をしても
まず勝てないものです。

他にもありませんか?

・どっちの台を打とうか迷った時、もう1台がオスイチ→爆発。

・次はあの台を打とうと思っていたら、他の客が先に座ってオスイチ→爆発。

・見切りをつけてやめた台で、次の客がオスイチ→爆発。

そういった時は、不思議と追加投資をしても挽回できません。
なぜか負けることになってしまいます。
”泣きっ面にハチ”となってしまうので、次の稼働に期待した方が賢明です。

ただし、次の稼働がその日の内だと、取り返すつもりが何故か”返り討ち”に
遭うことが多いのでご注意を。


カードを清算して帰る途中、大海物語のシマを通ると、保留の消化を待たずに
やめる人がいて、最後の回転が、1&9のWリーチ泡...娘が登場!
周りの客が固唾を呑んで見守りましたが...ハズレ。

あまりにももったいないので、清算した2,000円だけ打ってみることに。
マイルール破りの追加投資です。(苦笑)

朝から0回当たり、145回転。
1,000円投資の161回転め、右カニで魚群!...当たりましたが、2連でした。

時短で3回もスーパーリーチが来たので続行するか迷いましたが、回収できただけ
でもラッキーだと思うことにして即ヤメ。

やはり、1&9には何か隠されています。(笑)
特に娘が登場した時は、ダメもとで+20~30回転まわしてやって下さい。
いつもよりは、娘の機嫌がイイことが多いですよ♪

投資金額9,000円、換金金額9,400円、収支+400円

お読み頂き、本当にありがとうございます。 感謝、感謝。
立ち回りを勉強するなら
↓  ↓  ↓

「パチンコ超効率打法」
975.gif
紹介者ID: 080703で申し込むと1,000円引き!
nice!(0)  コメント(863) 
共通テーマ:パチンコ

甘デジのコツは大きく負けないこと!? [パチプロになった経緯]

↓最新情報、お宝情報を探すなら↓(応援お願いします!

パチンコ攻略・裏技ブログ(現在カテゴリ1位)
パチンコ人気Blogランキング
(現在カテゴリ24位)
面白くて、役に立つパチンコブログがいっぱいです

こんにちは、マリンの父です。 
娘がいつもお世話になっております。

11月10日(火)

ここ3日間の稼働をダイジェストで?お届けします。
調子がいいのやら悪いのやら...取り敢えず負けないので善しとしましょう。
それでは、どうぞ!

11月8日(日)

仕事を終えて19時半にマイホールへ。
今日は出玉が悪かったようで、フルスペックの海は既に客が飛んで1/3くらいの
客付きです。
アグネスは、2/3くらいの客付き。まだまだ人気があります。

1台め、アグネス、37回当たり、54回転の台。
1,500円投資で当たりを引くも2連。50回転の時短がスルーだったのと、
39回当たりが気になって、上皿分だけ打って移動。

2台め、47回当たり、247回転の台。
予想どおり?257回転で当たりを引くも、またもや2連チャン。
時短中に魚群が2回もはずれ、おまけに半コマ外れが走りません。
今回は49回当たりで、またしても一桁が9なので移動。

持ち玉で、ウロウロとカニ歩き。
4台めの最初の回転で当たって4連チャン!

しかし、数珠連してくれないので、ドル箱1箱を交換してヤメ。
投資金額1,500円、換金金額5,200円、収支+3,700円


11月9日(月)

昨日と同じ19時半にマイホールへ。
月曜日は海イベントなので、アグネスはほぼ満席です。

42回当たり、8連チャンで即ヤメする人を発見。
案外、こういう台がまた連チャンします。

2,000円投資、時短込み83回転で当たって、7連チャン!
さすがに数珠連は期待薄だと思い、ドル箱大盛り1箱を交換して、残り玉で
カニ歩きすることにしました。

当たりは引けるのですが、単発と2連ばかり。
1時間半ほどウロウロして、「これで最後」と選んだ台は、47回当たり、227回転。

いつも大当たりラウンド終了後の回転数が少ない台を打つようにしていますが、
たまにこういう台を打ってみることもあります。

237回転め、黒潮リーチで当たりを引き、何と怒涛の11連チャン!
既に22時を過ぎていたので、即ヤメ。
夜の部で”残り火”を拾うには、やっぱりカニ歩きがオススメです。

投資金額2,000円、換金金額24,800円、収支+22,800円


11月10日(火)


今日は代休で休みなので、買い物ついでに11時に自宅近くの駅前ホールへ。
甘海はアグネスも黄海も地中海も全て満席ですが、アグネスの角台、0回当たり、
225回転でおばさんがやめるのをゲット。

1,000円投資、235回転で当たってくれましたが、2連チャン。

持ち玉がなくなる直前に当たってくれるのですが、2連チャンが3回も
続きました。
持ち玉が飲まれたら帰ることにして打っていると...
また持ち玉がなくなりかけたところで当たって、今度は5連チャン。

しかし、数珠連してくれず、ドル箱1箱を交換してヤメ。

投資金額1,000円、換金金額5,400円、収支+4,400円

甘デジは、こういう小さな勝ちを積み重ねることが大事だと思っています。
そうすると、たまにですが、昨日のように快勝するチャンスが巡ってきます。
大きなプラス収支は望めないものの、大きな負けさえ作らなければ、着実に
プラス収支にできるのが、甘デジのメリットではないでしょうか?


お読み頂えき、本当にありがとうございます。 感謝、感謝。
立ち回りを勉強するなら
↓  ↓  ↓

「パチンコ超効率打法」
975.gif
紹介者ID: 080703で申し込むと1,000円引き!
nice!(3)  コメント(106) 
共通テーマ:パチンコ

(その8)パチプロで再起業をめざすことに [パチプロになった経緯]

 

パートナーの彼とはメールやSkypeで話を進めました。

国際電話だと大変な金額になったと思いますが、今は無料で海外と

やり取りが出来るので助かります。

 

まずどういう商材から始めるかについて検討を進めました。

お互いにアイデアはたくさん持っています。

選んだり優先順位をつけるのが大変でしたが、自分の見えていなかった

部分を気付かされたりして良かったですね。

やるからには早い方がいいという彼の勧めもあって、小さな事務所を

借りて取り敢えず人は雇わずに自分一人で始めるためのコスト計算

をして送りました。 

それでも700万円ほどの資金が必要です。

彼からは1,000万円送金すると言ってきました。

外為や税務関係でお互いにトラブルにならないような方法を考え、そのための

契約書作りを進めている最中に、ふとパソコンを打っていた手が止まりました。

上手く行かない! 

こんな”形”から入ったら絶対に上手く行かない。

まだ利益が無いのに投資してはいけない。

ゼロからスタートして、利益が出たら投資するようにしないと。

 

彼には自分の考えや気持をストレートに説明して申し出を断りました。

時間はかかるが諦めずにやるから、利益を出せる商材を育てるまで

待って欲しいと。

しかし派遣の仕事では毎日4~5時間の残業をして月に30万円程度の給料です。

週末の仕事を入れても40万円がいいところです。

これでは起業のための資金は捻出できません。

それに加え、時間が取れないという問題もあります。

寝る時間を割くことは勿論ですが、夜中に出来る事と出来ない事があります。

どうしようかと何日も悶々と考えていました。

 

或る日、なかなか寝付けなくて、真っ暗な部屋の天井を見つめていると、

何故かパチンコがあるじゃないかという結論に達したんです。

パチンコなら、時間的な自由は利きます。

過去に痛い目にあったクセに、何故か今度は絶対稼げるという気がしました。

どうしてそんなバカな方向に考えが及んだのか自分でも不思議でなりません。

以前のリベンジだという気持があったのかもしれません。

一度トライしてしてみることに決めました。

駄目ならまた派遣社員に戻ればいいや、というような気持でした。

パートナーの彼からの資金的な後ろ盾があってこそですが...

 

土日の仕事は残して、メインの派遣社員の仕事は止めることにしました。

派遣会社からも派遣先からも随分引き止められましたが、1ヶ月後に退職。

その間に、ネットや本屋でパチンコの勉強をしました。

以前のデータ(台毎の毎日の当たり回数・自分の対戦成績・収支表)を残して

いたのが役に立ちましたね。

こうしてパチプロとしての道がスタートしたのです。


nice!(0)  コメント(86)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その7)突然のパートナー出現 [パチプロになった経緯]


「もう一度起業にチャレンジしよう。」と思えるようになった正にそのタイミングを
待っていたかのように、一本の電話がかかってきました。

”Hellow! How are you doing?"

すぐに誰か分かりました。
最初の会社を辞めてからも、年に1~2度電話をくれていたMr.○○です。
私が駐在員として赴任してすぐ、新規開拓を担当した国で代理店として契約し、
一緒に何年か仕事をしました。
彼は、当時独立したばかりで、お互いに新米としてのスタートだったのですが、
彼はその後大成功を収め、今では年間数億円の「利益」を上げているようです。

当初彼はいろいろな面で援助を必要としていました。
会社として政策的にサポートした訳ですが、彼はパイプ役として動いた私のお陰だと
ずっと感謝してくれているようなのです。

ここ数年は、電話をくれるたびに、「日本に輸出の仕事をしたい。 日本での
パートナーになって欲しい。 また一緒にビジネスをやろう。」と誘ってくれていました。

しかし、私にそんな余裕は無く、いつも曖昧な返事をしていたんです。
ところが、電話の向こうで ”I am calling here in Japan. Let us meet tomorrow."
と言っているではありませんか。

次の日、仕事を定時に終え、彼のホテルを訪ねました。
何か一緒にビジネスをやろうと言ってくれる彼に、会社を辞めてからの経緯を
詳しく話し、当分は無理だと説明しました。

すると彼は、「君となら、きっと上手く行く。 金のことなら心配するな。 
今度は僕が君を助ける。 軌道に乗ってから、何年か後で返してくれればいい。」

ドラマに出てきそうな話ですが、本当の話です。

これまでにあったいろいろなチャンスを上手く掴むことが出来なかったが故に、今の
自分があると認めざるを得ませんが、また新たなチャンスに巡り合うことができました。

もう一度起業にチャレンジすることが現実的になってきました。

(続く)


nice!(0)  コメント(75)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その6)派遣社員 [パチプロになった経緯]

いざ、仕事を探そうと決めたものの、仕事が見つかりません。

ハローワークに行っても、月給20万円くらいの仕事しかありません。
人材バンクに行くと、貿易関係や営業、事務系の求人はゼロ。
失業率5%を超える、完全な買い手市場でした。

新聞やチラシの求人覧を見ていると、派遣社員の仕事ならたくさん
あることに気がつきました。
ただし、女性のみとか、35歳以下という条件付です。
45歳を超えた男性の求人は皆無です。

しかしそんなことを気にしていても仕方ないので、思い切って電話を
かけてみました。
最初の3件は断られましたが、4件めの会社が「登録だけでもしませんか?」
と言ってくれたので、行ってみることに。

たまたま某有名電子機器メーカーの貿易部門での仕事に空きが出た
ところでした。
本来は35歳以下の貿易業務の経験がある女性ということだったのですが、
経歴を伝えるとOKが出ました。

始めてみて驚いたのが、派遣社員の多さです。
自分がサラリーマンの頃は、50人位の部署に1~2人派遣社員がいるか
いないかという状況だったのが、半分近くが派遣社員なんです。

もうひとつ驚いたことは、リストラの影響で上層部を除き、正社員が若い
人たちばかりだということです。

当然、中間管理職が少ないので、何かとひずみが多く、そのツケは実務を
やらされる派遣社員に回ってくることになります。
若い正社員の指示で仕事をする訳ですが、その正社員の理解が十分で
ないため、派遣社員はいつも右往左往することになります。

そんな中に居ると、時間が経つにつれ、私は双方から重宝されることに
なりました。
当然と言えば当然ですね。
若い正社員よりも知識も経験も豊富です。 
もともとは同じ”メーカー出身”ですから、ポイントは押さえています。

じきに海外の取引先や現地法人からご指名がかかるようになりました。
派遣社員向けの研修会の講師役をやらされたり、あげくの果てには、正社員
向けの研修会の講師をやらされたり、社内会議に担ぎ出されたりしました。

「安い時給で何でこんなことまで?」という気持にもなりましたが、それ以上に
「まだまだ他人のため、世の中のため、少しは役にたてる。」と自信が湧いて
くることが嬉しかったんです。
うつ病がひどい時は、どうせ何の役にもたたんないんだから、と何に対しても
価値を見出せなかったので、本当に大きな変化でした。

おそらく同じような経験をした人だけに分かる大きな変化だったんです。

ただ、給料は安かったです。
通常時給1,150円のところを年齢を加味して1,300円にしてもらい、途中からは、
1,500円にしてもらったんですが、年末年始、GW、夏期休暇などでは給料が
半分くらいになってしまいます。

そこで、休みの日には他の派遣の仕事をするようにしました。
大手の家電量販店でメーカーの販売員をやる仕事です。
ここでも本領?を発揮し、全国の販売員200人以上の中で上位5番に入る
売上げを上げて、毎回報奨金をもらったりしました。
でも、そんなことよりも、「まだまだ捨てたもんじゃない。 まだまだやれる。
もう一度やってみよう。」という気持が大きくなってきたことが嬉しかったです。

しかし現実的には、生活するのに精一杯で、起業の踏ん切りがつきません。
そんな時に、思いもよらない話が出てきました。

(つづく)


nice!(0)  コメント(105)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その5)パチンコ依存症、パチンコをヤメてやり直し [パチプロになった経緯]

うつ状態で何もやる気になれず、街をフラフラしている時に、何となく入った
パチンコ屋でたまたま大勝ちしてしまったのが始まりでした。

女房にはバイトが見つかったからと嘘をついて、毎日朝一からホールに
入り浸っていましたね。

最初は単に打っているだけだったのに、何故か毎月20万円前後稼げて、
その内データを取るようになってからは30万円を超える月も出てきました。

それでも、一時的に10万円くらい凹むことがあります。
失業保険が切れると、家に入れる生活費を出すとパチンコの資金が少し
しか残らず、ヒヤヒヤしながらホールに通うことが多くなりました。

「こんな生活続くはずがない。 明日はもう行くのはよそう。」と思っても、
翌朝、足はホールへ向かっていました。
打つ金が無い日でも、ホールへ行って時間をつぶすようになり、もう完全に
パチンコ依存症でしたね。

「こんな生活は早く止めて、ちゃんと仕事をしよう。」と考える自分と、
「どうせ就職しても使い物にならない。 前の会社と同じことになる。
とりあえずこのままパチンコをやっていたらイイ。」というもう一人の自分が
いるんです。

いつも胸苦しくて、夜目が覚めるとそのまま寝むれなかったり、ボォーと
していたかと思うと、急に冴え渡ったり、うつ病の症状もどんどん進行して
いました。

1年以上そんな状態のままセミプロのような生活をしていました。
ところが急に2週間以上に渡って全く勝てなくなってしまったんです。
資金が完全に底をつきました。
民事再生法の適用中で、金を借りることは出来ません。
身の回りのものを売って資金を作っても勝てません。
最後は女房の金に手を付けました。 
やっぱり勝てません。

ネットで「パチンコは麻薬だ!」というサイトを見て、覚悟を決めました。
女房に正直に話をして謝りました。
いろいろ修羅場があって...
でもスッキリして、やり直そうと思いました。

仕事を見つけて、頑張ってもう一度起業をめざそうと誓ったのはその時です。

(続く)


nice!(1)  コメント(66)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その4)再就職、リストラ、うつ病 [パチプロになった経緯]

個人の民事再生法申請で、500万円の借入金が100万円に免除と
なりました。 しかも5年払いなので、送金手数料などを入れても月に
2万円の返済に圧縮されたことになります。
弁護士の費用がかかりますが、助けてもらいました。
自分が失敗して、借りた金を踏み倒した訳で、随分後ろめたくて
落ち込みましたが...

自己破産と違って、自宅を含めた所有財産も生活もそのままですので
心底ホットしました。
次は再就職先だと考えていた時に、小さな貿易会社に紹介してもら
えることになり、話はトントンと進み幹部として採用されることに。
これで文字通り”再生”できるぞ、と喜びました。

ところがこの会社の社長がとんでもないワンマン社長だったんです。
入社後数ヶ月で、30人の社員の内6人が入れ替わり、半年後には
ベテランの取締役や部長がクビや左遷され、営業の実質的な責任者
にされてしまいました。

食品関連だったのですが、市場競争が激しい上に、食品問題が多々
発生した時期で、風向きは完全にアゲインスト。
社長が独断で決めたような売上げノルマの達成など夢のまた夢です。

叱責というより、暴言を浴びせられる毎日。
ほとんど全て社長が決めておきながら、失敗すれば社員のせい、上手く
いけば自分のお手柄というアカラサマな態度に退職者が続出です。
遂に部下がうつ病になり、その相談にのっているうちに、自分もおかしく
なってきました。

同一事業部のほとんどの社員が退社したいと言い出し、それならとばかり
社長は事業部廃止を決定。 責任を取らされる形で辞職することに。
2年間の悪夢のような出来事でした。

悪夢は更に続きました。
何もやる気になれず、全てのことに価値を見出せず、完全にうつ状態に
なってしまいました。 辛いですよ、うつ病は。
それでも、何とかしなければという冷静な別の自分がいて、二重人格者の
ようになっていました。 

とりあえず失業保険をもらいながら、就職先を探しましたが、本気で見つける
気になれませんし、実際就職先の無い時期でした。
学生時代からほんの遊びで続けていたパチンコにのめりこむようになるのに、
長い時間はかかりませんでした。

(続く)


nice!(0)  コメント(57)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その3)サラ金、マルチ商法、民事再生法 [パチプロになった経緯]

廃業して、再就職すれば良かったんでしょうが、これくらい何とか
しなければと逆に熱くなり、意地を張ってしまいました。 

残った在庫をネットショップで格安で売ってみたものの大した金額には
ならず、生活費を工面するために遂にサラ金(消費者金融)に手を付けた
のはこの時です。 

手続きさえすれば、ハイハイっと50万という大金を簡単に、本当に簡単に
貸してくれるんです。 儲けて返せばいいやと思っていると、翌月にはまた
金が必要で別のサラ金へ。

ちょうどそんな時、知人から「イイ話があるんで、一度聞きに来ないか?」
と誘いを受け、某新規事業の説明会へ。
あるシステムの代理店の募集の話で、一発これに賭けてみるかと、
サラ金で借りて45万円を投資。 
分かり辛かったのですが、結局これがネットワークビジネス、マルチ商法
だったんです。 上層部からすれば、会員の勧誘のために私のそれまでの
キャリアーや経験からくる話し方・立居振る舞いなどの使い勝手が良かった
ようで、それから半年間ずいぶん’可愛がって’もらいました。

これではダメだと気がついた時には、借金は500万円に膨らみ、自転車
操業ならぬ自転車返済の状態になっていました。
遂に融資限度額を超えてしまい、一般のサラ金では借りれなくなり、
「多重債務者でも融資します」という広告をみて飛びつくと、審査の甘い
サラ金を紹介され(単に誘導されるだけですが)、借りた金の半分を脅かさ
れて手数料という名目で取られてしまいました。

闇金に手をだしたら文字通り破滅だと思っていましたので、ネットや本屋で
打開策を探し、個人の民事再生法で清算することに。
同じネットワーク仲間に自己破産の経験者がいて、いろいろ話を聞けた
のは不幸中の幸い?でした。

弁護士を紹介してもらい、民事再生法の手続きを開始したころ、ラッキーな
ことに新しい就職先を紹介してくれるという話が入ってきたんです。

(続く)


nice!(0)  コメント(104)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その2)脱サラ独立するもあえなく廃業 [パチプロになった経緯]

ついに17年間勤めた会社を退社。

その頃は、500万円くらい蓄えもありましたし、失業保険が1年間近く
毎月30万円近く出ることも分かっていましたので、最初の1年間は、
充電期間をかねてじっくりと計画を練ることにしました。

ちょうどインターネットが普及しだした頃で、最新のデスクトップの
パソコンを購入してインターネットを始めてみたり、開業の講習会に
参加したりと、今にして思えば優雅な生活を送っていました。

そんな中で目をつけたのがヨーロッパの某雑貨品でした。
幸いにも以前の仕事の絡みで、某有名メーカーから直接仕入れさせて
もらえることになり、自分で輸入を開始。 
店舗を構えるには大きな資金が必要なので、無店舗の通信販売で
販売することにしました。
ところが、いざ初めてみると、全く売れません。 
カタログ代やチラシ代といった経費ばかりがかさむんです。 
一般的に「DMやチラシの購買率は3%」と言われているのは、とんでも
ないデタラメだったということに気づかされた時には、蓄えも随分少なく
なっていました。

さすがにこれはまずいと思って始めたのがネットショップです。
ホームページを作ってもらうのに、50万円かかりましたが、ヒマに任せて
猛勉強した?かいあって、少しずつ注文が入るようになり、何とか
生活費を稼げるくらいになってきたんです。

でも良いことは長くは続きませんでした。
仕入先のメーカーが突然倒産し、前金で送金した仕入れ代金150万円を
回収できなくなってしまったんです。
他の仕入れ先を探しましたが、上手く見つからず、かといって日本で言う
問屋のような会社では仕入れ価格が高くなってしまい商売になりそうに
ありませんでした。
蓄えもほとんど無くなり、それ以上傷口を広げる訳にもいかず、廃業
せざるを得ない状況になりました。

脱サラして2年半が経っていました。

(続く)


nice!(0)  コメント(95)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

(その1)元々ははエリート?サラリーマン [パチプロになった経緯]

パチンコで生活するようになったこれまでの経緯を何回かに渡って
振り返ってみたいと思います。 
過去にしがみついていたい訳ではないのですが、これから起業を
めざすにあたって、社会人になってからの自分を今一度整理して
おきたいと感じたものですから。

大学を卒業して中堅のメーカーに営業として就職しました。
貿易の仕事がしたくて、商社に入ろうと思っていたのですが、自社で
作った製品を売る仕事の方が、他の会社が作ったものを売る仕事
よりやりがいがあると思えて方向転換しました。

入社後は希望どおり海外営業に配属され、40歳まで海外を飛び回って
いました。仕事で訪問した国は40カ国近く。商売の半分は大手商社と
一緒に、残り半分は商社をはずして直でという感じで、多くのメーカー
のように商社にお任せではなかったので、やりがいもありました。

メーカーだったので、給料は安かったですが、出張費で毎月20万円は
浮いていましたので、生活は楽でした。
国際便のビジネスクラスに乗って、泊まるホテルも高級ホテルばかり。
飲みに行くのも、大阪の北新地や東京なら銀座の高級店ばかりと
いうような生活をしていましたね。

でも、10年先、20年先を考えた時、会社の部長クラスと大手商社の部長
クラスを比較してみて、あまりの格差に愕然としました。
ちょうど社内の上層部で勢力争いがあり、何となく負け組みに入って
しまっていて、希望がしぼんできたこともあって、退社して独立することに
したんです。

会社から随分引き止められ、女房には大反対されたんですが、こうと
決めたら変に頑固なもので、押し切ってしまいました。
何か自分で輸入して販売すれば、今の給料くらい稼ぐのはわけないと
自信たっぷりだったんです。
まぁ、結果的にこれが人生没落の始まりになってしまいました。(笑)


nice!(0)  コメント(76)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ
パチプロになった経緯 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。